Webの重要ポジション「PHP」を知る

11月 7th, 2014 by hirai

Webサービスの開発方法について

PHPの特徴としては、Webに特化した言語であることから、オブジェクト指向言語であることなど様々である。その一つであるWebサービスに特化した部分では、データベースやクッキーにアクセスが可能であったりPHP自体の拡張性が高いところがその人気の原因である。

また、PHPはコンパイルが不要な言語であるため、環境さえ整えばプログラム後すぐに動作させることが可能である。Webサービスにおいてこのスピードは最も重要な役割の一つであるといえる。
そして、PHPは文法がC言語に似ており、オブジェクト指向言語であるため、例えばWebサービスにおいて10ページを作成した場合でも10ページ分似たようなプログラムを書くことが不要であり、一度作成したヘッダーやフッターなどを使いまわせることが可能となる。

PHPの拡張性について、フレームワークツールも充実しているため、大規模なWebサービスを作成する場合でもその効力を発揮することができる。
そういった面で、Webを作成できる言語は多々あるもののコンパイルが不要であり、フレームワークツールも充実して拡張性もある言語となると、真っ先に思い描くのがPHPという言語であると言える。

しかし、1995年に誕生した言語であり、まだ他の歴史ある言語に比べると若い言語である。
そのため潜在バグも少なくなってきたが、完全になくなったわけではないため、今後のバージョンアップに期待がかかる。
Web開発を行う場合は、必ず身につけておくべき言語の一つだと言える。
またPHPを活用する案件も、今後さらに伸びていくと予測されるので、求人内容からどんなニーズが生まれているのかなど学ぶことで市場動向をみることにも繋がるだろう。

求人事情や単価相場などの情報は「PHP経験者必見!東京求人事情」が詳しく掲載されている。参考までに。