Webの重要ポジション「PHP」を知る

PHPで作られたWebサービスについて

PHPにてWebサービスを作成する場合、小規模なシステム開発では少数人で開発を行うため、開発における規約を作る必要性も少ないといえる。しかし、大規模なシステム開発においては多数の開発者がかかわるため、開発における規約が必要となる。

その場合用いられるツールが、フレームワークである。フレームワークとは、そのものだけでは動作できないがシステム開発における大枠を自動で生成してくれるツールであり、その規約に則って開発者はプログラムを進めていく。

PHPはオープンソースの言語であるが、歴史が浅いためテストにおける仕組みがその他の歴史ある言語と比較すると、まだ発展途上といえる。
その一つが、例外処理である。Webサービスにおいて例外が発生した場合、その内容によって処理を変える必要があるが、その機能がPHPはまだすべての内容について保証できていない。
大規模な基幹業務システムなどにおいては、PHPではなくJavaなどのコンパイル言語をチョイスしたほうが無難だと言える。

しかし、PHPの手軽さやコーディングのしやすさにおいては素晴らしいため、多くのWebサイト構築でPHPが採用される場合が多い。
設計段階で、この例外をどのように処理するかが肝になるといえる。

また、データベースとの相性もよいため、掲示板などのシンプルなシステム開発ではより効果を発揮する。
昨今、格安のレンタルサーバでもこの言語は標準でサポートされているため、契約後すぐに利用できるのもメリットの一つといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です