Webの重要ポジション「PHP」を知る

Webサービスの基礎となるPHP

Webサービスを利用したことのあるユーザーの数は、インターネットに接続したことのある人が増えるほど増加しています。

Webサービスの代表的な例はインターネットショッピングです。商品の詳細情報や在庫数を掲載し、ユーザーは個数を選択してカートに入れます。
購入ボタンを押せば、住所や氏名の入力、クレジットカード情報の入力を行う画面が表示され、データの入力の後、決済が完了します。
このようなWebサービスはPHPというプログラミング言語で書かれていることがあります。

PHPとはサーバーサイドスクリプト言語のひとつで、Webサービスの構築に適したプログラミング言語です。
画面に表示するデータを動的に作成し、データベースへの読み書きのアクセスも行います。インターネットショッピングの例では、商品の情報をデータベースから取得し、在庫情報から現在販売できる個数を表示します。
データベースの値の変動に従って、表示する数値を動的に変えることができます。ユーザーが入力した住所や氏名などを入力画面から受け取り、データベースに書き込みます。
これらの処理をPHPの文法に従って記述するのです。

PHPは比較的簡単なプログラミング言語で、C言語やJavaといった一般的なプログラミング言語を経験したことがあれば安易に取り組むことができます。
さまざまなサーバー環境で動作し、データベースソフトウェアとの親和性も高く、各データベースソフトに接続するためのライブラリも豊富に公開されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です